サービス案内

車検整備・24ヶ月点検 基本料金

  国産車 Harley-Davidson
一般料金 ¥45,000(税抜) ¥45,000(税抜)
当店購入車輌の場合 ¥35,000(税抜) ¥35,000(税抜)

※お客様にご用意していただくもの
・車検証 ・自賠責保険証 ・納税証明書(要確認:ナンバー、有効期限、領収印)

■車検参考費用(Harley-Davidsonの場合)

項目 料金 備考
基本点検・整備 (税抜)¥45,000 法定24ヶ月点検
依頼点検・整備 ¥0 必要な場合、お客様と相談の上行う整備
代行手数料 (税抜)¥10,000 陸運局に車両を持ち込む手数料
書類作成費 ¥0 必要書類一式を作成します
重量税 ¥3,800 車検取得時にかかる税金
検査印紙代 ¥1,700 陸運局に支払う検査手数料
自賠責保険料
(24ヶ月)
¥13,640 車検切れの場合25ヶ月分が必要です
参考合計金額 (税抜)¥74,140 依頼整備および油脂/部品代は別途

車検点検項目

基本的には法定24ヶ月点検に準じて各項目を点検致しますが、さらに「一国」が推奨する項目について、基本料金内にて交換もしくは分解整備を行います。

エンジンオイル、トランスミッションオイル、F・フォークオイル等の交換やリヤサスペンションのオーバーホールなど、お客様が気になっている箇所があれば、お預かりの際にお気軽にご相談下さい!

※車輌の状況(走行距離やメンテナンス状況)に応じて、アドバイスをさせて頂きます。
※カスタム車輌につきましても何なりとおたずね下さい。構造変更検査にも対応しております。
※お客様とご相談の上、ナットクしていただける、ベストな整備を施し、安心してお乗りいただければと考えております。
※点検、整備を行うにあたり、作業困難なカスタムパーツの装着車輌に関しては、別途工賃をいただく場合がございます(例:エキゾーストを外さなければオイル交換が不可能な場合等)。

●エンジン点検   ・エンジンのかかり具合、異音(12ヶ月毎)
・低速及び加速状態
・排ガスの色
・CO / HCの濃度
・エアクリーナー・エレメントの汚れ、詰まり、損傷
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・エンジン・オイル漏れ(6ヶ月毎)
・燃料漏れ
・燃料装置のリンク機構の状態
・スロットル・バルブ、チョーク・バルブの作動
・冷却装置の水漏れ(水冷エンジンの場合)
  ・V.O.E.S/MAPセンサーの作動(12ヶ月毎)
  アイドリングの状態(6ヶ月毎)
・エンジンオイルの汚れ、量(12ヶ月毎)
  ・燃料タンクのフィルターの状態(60ヶ月毎)
  ・スロットルコントロールのグリップのスリープの給油(12ヶ月毎)
  ・スロットルコントロールケーブルの状態(12ヶ月毎)
  ・クルーズコントロール装置の状態(12ヶ月毎)
※一部のハーレー機種のみ
・エンジン弁すき間
・キャブレターの同調
※キャブレター装着車のみ
●動力伝達装置 ・クラッチレバーの遊び(6ヶ月毎)
・クラッチの作用(6ヶ月毎)
・トランスミッションの油漏れ
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・トランスミッションの油量
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・プロペラ・シャフトの継手部のがた
・ドライブシャフトの継手部のがた
・チェーンの緩み(6ヶ月毎)
・スプロケットの取付状態、摩耗
  ・クラッチケーブルの給油(12ヶ月毎)
  ・チェンジシフトレバー・ピボットへのグリス注入(12ヶ月毎)
  ・プライマリーチェーンの緩み(12ヶ月毎)
・ドライブベルトの状態及び張り確認
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
※ハーレーモデルのみ
●ステアリング装置点検 ・ハンドルの操作具合/ハンドルの遊び、がた(12ヶ月毎)
・フロントフォークの損傷(12ヶ月毎)
・フロントフォークのステアリング・ステムの取付状態(12ヶ月毎)
・フロントフォークのステアリング・ステムの軸受部のがた(12ヶ月毎)
  ・フォークオイルの交換(24ヶ月毎)
  ・スプリンガーフォークのロッカーベアリングの調整(24ヶ月毎)
※ハーレーのスプリンガーモデルのみ
  ・スプリンガーステアリングヘッドベアリングの調整/給油6(24ヶ月毎)
※ハーレーのスプリンガーモデルのみ
●ブレーキの点検 ・ブレーキレバーの遊び/ブレーキペダルの遊び(6ヶ月毎)
・ブレーキのきき具合(6ヶ月毎)
・ロット、ケーブル類の緩み、がた、損傷(6ヶ月毎)
・ブレーキホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態(6ヶ月毎)
  ・ブレーキ液の量(6ヶ月毎)
・ブレーキ・マスタ・シリンダの機能、摩耗、損傷(6ヶ月毎)
・ブレーキ・ディスク・キャリパの機能、摩耗、損傷(6ヶ月毎)
・ブレーキ・マスタ・シリンダのの液漏れ
・ブレーキ・ディスク・キャリパの液漏れ
・ブレーキドラムとライニングとのすき間
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
※ドラムブレキー装着車のみ
・ブレーキ・シューの摺動部分、ライニングの摩耗
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
※ドラムブレキー装着車のみ
・ブレーキドラムの摩耗、損傷※ドラムブレキー装着車のみ
・ブレーキ・ディスクとパッドとのすき間
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・ブレーキパッドの摩耗(F/R)
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・ブレーキディスクの摩耗、損傷(12ヶ月毎)
  ・フロントブレーキレバーの給油(12ヶ月毎)
  ・リアブレーキレバーピポットリンケージの給油(12ヶ月毎)
  ・リアブレーキキャリパーのマウントピンとブーツの状態(12ヶ月毎)
●足廻りの点検 ・サスペンション・アームの連結部のがた
・サスペンション・アームの損傷
・ショック・アブゾーバーの損傷、油漏れ(12ヶ月毎)
  ・ピボットナットの点検(12ヶ月毎)
  ・ベアリングの給油(12ヶ月毎)
  ・エアサスペンション装置の点検(12ヶ月毎)
※エアサス装着車のみ
●電気装置点検 ・点火プラグの状態(6ヶ月毎)
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・点火時期
・バッテリのターミナル部の緩み。腐食
・電気配線の接続部の緩み、損傷(12ヶ月毎)
●走行装置 ・タイヤの空気圧(F/R) (6ヶ月毎)
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・タイヤの亀裂、損傷 (6ヶ月毎)
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・タイヤの溝の深さ(F/R)異常摩耗 (6ヶ月毎)
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・ホイール・ナット、ホイール・ベアリングの緩み(6ヶ月毎)
・フロント・ホイール・ベアリングのがた
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
・リアホイール・ベアリングのがた
(走行1,500km以下は省略する場合があります)
  スポークの増締め(点検時期はサービスマニュアル参照)
※スポーク車のみ
●公害発散防止装置等 ・ブローバイ・ガス還元装置の配管の損傷
・二次空気供給装置の機能
・一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷、取付状態
・エキゾースト・パイプ、マフラーの取付けの緩み、損傷、腐食
・マフラーの機能
・フレームの緩み、損傷
・シャーシ各部の給油脂状態
  ・エンジンマウントの点検(12ヶ月毎)
  ・エンジンマウント・スタビライザーの点検(24ヶ月毎)
  ・車体のアライメントの点検(12ヶ月毎)
  ・スピードメーターケーブルの給油(12ヶ月毎)
  ・サイドスタンドの給油(12ヶ月毎)
  ・ウインドシールドのブッシュ(装着車両)の点検(24ヶ月毎)
  ・ヒンジ、ラッチの給油(12ヶ月毎)
  ・走行テスト(6ヶ月毎)

■:12ヶ月毎に点検する項目 ◇:24ヶ月毎に点検する項目
※(○ヶ月毎)はハーレーダビットソン社が特に指定する点検項目の時期
※国産車の(ギア付き車/AT車)とハーレーダビットソンの各車輌において、整備項目が異なる場合がございます。

●車検時に交換すると、通常より工賃が割引!

車検時に脱着、点検をするパーツですので、同時に交換をすると、通常交換時より工賃がお得です!1つ1つが大切なパーツですので、是非早め早めの交換をオススメします。

□割引になるもの
・ブレーキパッド
・タイヤ
・ホイールベアリング
・フロントフォークオイル
□無料になるもの
・プラグ
・エアクリーナーエレメント

「一国」必須点検・交換項目

下記項目の他、2年一度は交換または給油等が必要な部分は、上記料金内にて整備させていただきます。詳細はお気軽にお問い合わせください!

●ブレーキフルード交換(油圧式クラッチの場合、クラッチフィールドの交換)

ブレーキフルードは、吸湿性の高いオイル故、少なくとも2年に1回の交換が望ましいです。
勿論、フルード代も上記に含まれます。

●アクセルワイヤー、クラッチケーブルの給油、調整

常に動いているケーブルには、様々な負担がかかっています。
ベストな調整と給油によるフリクションの低減は必須です。

●ドライブチェーン、ドライブベルトの調整

エンジンの力をリヤタイヤに伝える大切なパーツです。
正しい「張り」の調整により、リヤサスペンションは正しく作動し、オートバイのトラクションに大きく関わります。勿論、チェーンへの給油も欠かせない作業項目です。